【保存版】スタートラインに立ってる?知っておきたいARMS基本テクニック集!




こんにちは!めれです。

みなさんは、ゲームの説明書を読む派ですか?私は読む派なのですが、最近のゲームは紙の説明書が無くて少し寂しいです。

さて、今回の記事では、みなさん意外と見てないであろうゲーム内ヘルプのARMSテクニック集から、覚えておきたい豆知識をピックアップしました!

これを知っておくことでやっとスタートラインに立てると思って、しっかりと頭に入れておきましょう!

ARMSってやってみたいけど面白いの?という人は体験会の感想をみて下さい!

パンチが当たらないよ!って人はパンチの当て方をどうぞ!

 

ジャンプ中でもダッシュできる!

これは基本中の基本です。みなさん感覚的にできていると思います。

格ゲーでは、ジャンプすると大きなスキが生まれます。重力に逆らうのは難しいですからね。

しかしARMSでは、ジャンプした後に横方向にダッシュすることができます。

ジャンプによる縦方向の回避と、ダッシュによる横方向の回避を組み合わせることで、相手のパンチの軸を大きくずらすことが出来ます。

これは特に必殺ラッシュを打たれている時に有効で、コンボなし必殺ラッシュはだいたいこれで避けられます

相手のパンチがうまく避けられないという人は、縦軸の回避と横軸の回避をうまく組み合わせてみましょう!

 

重いアームは軽いアームをはじきとばす!

これもプレイしている人なら感じているでしょう。

相手のアームの先に本体あり。重いアームは相手のアームごと本体にぶつけてやりましょう。

重いアームはスピードが遅いので、軽いアームで牽制しながら最後はストレートで打ち込むのがヒットへの近道だとプレイしてて思いました。

まあ、まだ発売前でどれが重くてどれが軽いのかわからないんですがね。見た目大きかったら重いんじゃないでしょうか (ひどい)。

 

たくさんパンチするほどエネルギーがはやくたまる!

この辺からは知らないと知らない知識になってきます。

エネルギーがたまると必殺ラッシュが打てます。決まれば相手に大ダメージを与える必殺ラッシュ。打てる回数を増やしたいですよね。

空打ちでも良いので、とにかくパンチを打つとエネルギーがたまります。

かといって空打ちは大きなスキを与えることになりかねません。特に狭いステージでは、あまり意識しすぎず、対戦相手に集中しましょう!

 

相手のパンチをガードしすぎるとアームがこわれる!
アームがこわされるとしばらくパンチできない ピンチ!

相手の攻撃をどうしても避けられないときは、ガードを使います。

しかし、ガードも万能ではなく、使いすぎるとアームが壊れてしまいます。

アームが壊されると、しばらくパンチが使えなくなり、不利な戦いを強いられます。

ガードに関しては、おそらくキャラの防御力によって耐久値が変わっているように感じます。

マミーのガードはやたら硬くて破れなかった。逆にスプリングマンのガードは破ることができました。要調査。

 

必殺ラッシュを発動したとき相手のパンチをはじける!

これは、あくまで発動した時であって、発動後に繰り出されたパンチを弾けるわけではないという認識でいます。

根拠は、発動後に投げたり投げられたりしているのを良く見るからです。要調査。

これを利用して、相手がパンチが当たったと思って追撃しようとしているタイミングで必殺ラッシュを繰り出すと、うまく決まるかもしれませんね。

余談ですが、必殺ラッシュは良いタイミングで発動しないと簡単に避けられてしまいますので、カウンターや追い打ち (1発目が当たった直後の2発目) 等で使いましょう。

 

両手つかみは片手パンチではじきとばせる!

私が一番忘れやすいのがこれです。意外と頭から抜けている。

片手パンチと両手パンチとガードは3すくみの関係になっている、と覚えておきましょう。

やたら両手パンチを連打してくる人がたまにいますが、そんなに私を抱きたいのでしょうか。

 

さいごに

いかがだったでしょうか。全部知っていたという人は、そこそこ戦えている人でしょう。お手合わせ願いたい!

知らなかったものがあった人は、まだまだ伸びしろがたくさんあります。まずは知っている人に追いつきましょう。

基本を知ることが上達への近道です。たまにはテクニック集を見て基本を思い出しましょう!

 

 










良いと思ったらツイート・シェアボタンをクリックで広めちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です