TOEIC800点レベルで満足?何のためにTOEIC受けてんの?




こんにちは!めれです。

5月に受けたTOEICの結果がオンラインで開示されました。

結果、無事に今年の上半期の目標である800点を超えた感想や勉強法など報告します。

 

TOEICを受けていた理由

私がTOEICを受けていた理由、それはもちろんお金のためです!

 

というのは半分ほんとで半分冗談です。

とりあえず、TOEICで800点超えると資格手当てが少なくない額もらえるぜ!ってことで800点という具体的な目標を掲げていました。

しかし、もともと英語に興味があり、将来的に英語を使えるようになりたいと思っているので、その足がかり的な意味がメインで受けています。

TOEICは大きな目標ではなく、通過点だと思います。

ただ、細かい点数として可視化してもらえるという点では受ける価値は大きいと思います。

 

過去の結果

TOIECを始めて受けたのは、大学入学直後です。

その理由は、英語の単位の代わりになったからです。動機が不純なのは気にしてはいけない。

その次は、院試で必要だったのと、就活の履歴書用に。結局動機が不純なのは気にしてはいけない。気にしてはいけない。

 

残念ながら古い結果は残っていませんでしたが、最近の結果をまとめるとこんな感じです。

日付 Listening Reading 合計
2015/5 380 335 715
2015/12 385 375 760
2016/7 365 385 750
2016/9 370 375 745
2017/5 415 410 825

 

2015/5は就活に向けて受けました。(とりあえず700超えればいいや)という気持ちで受けた結果です。

そこから2015/12に、資格手当が730点以上だったので入社前にちょっと頑張って取った点数です。

入社後一年目に、2016/7,9と受けて、二年目の2017/5に資格手当がさらに増える800点を無事超えられました。

 

ちなみに、TOEICってリスニングの方がリーディングより平均点が50点ほど高くなるものです。

しかしご覧の通り、私はどちらも同じくらいなので、リーディングの方が得意みたいです。

長文読解が一番好きっていう変態種族ですしね。笑

 

これが私のTOEIC史です。

 

これまでの勉強法

中学・高校の授業(笑)

私はECCジュニアユース出身なので英語が好きだし、中学、高校と特に英語に苦手意識はありませんでした。

ただ、シャイな性格上、スピーキングをあまり頑張らなかった事を今とても公開しています。

ECCのおかげでアルファベットの発音(rとlの区別とか)に悩まなかった事は母さんありがとうって感じ。

 

そんなわけで、英語はそこそこ頑張って勉強していたため、素で700点は取れてました。

自慢ではなく、学校で英語をちゃんと勉強していたらそれくらいは取れるということをご理解頂きたい。

(そもそも中学で始めてアルファベットを書くなんてひどい教育をしていたから、英語嫌いな人が多いんだと思うが)

 

話が脱線しましたが、まずは基礎をしっかりさせましょうって事です。

まずは中学・高校の英語をそれなりに覚えましょう。話はそれからです。

 

単語帳

「TOEIC TEST英単語 スピードマスター」なる良くわからない英単語帳を2,3年前に買って、ずっと使っています。

未だに全ての単語を覚えてはいません。人間そんなもんでしょ。

いくらすごい単語帳を買っても全部覚えられる脳みそがない。それにどうせ知らない単語は出る。

なので、むやみに単語帳を買い漁るよりも、一冊を完璧に暗記する方が良い。

偉そうなことを言っていますが、未だに全ての単語を覚えてはいません。人間そんなもんでしょ。

 

あと、単語帳に乗っている例文は音読して覚えてしまった方が良い。使い方がわからない物は覚えられない。

単語を覚えるより、例文を覚えるのが単語帳の正しい使い方なのではないかと思います。

 

英語に触れる時間を増やす

実はちゃんとした勉強はほとんどしていません。

TED(英語の講演みたいなの)を見たり、英語の本を読んでみたりと、生活の中に英語を入れています。

と言うものの、実際サボってる日の方が多いです。質的にも、本なんてすごくざっくりとした内容しか把握できてません。

まあ色々試すより、同じ物を繰り返し見たり読んだりして覚えて使えるようにしてしまうのが良いんだろうと思っています。

 

あとは、単語帳のとこでも言いましたが音読が大事です!

自分で話せるレベルにならないと聞き取りなんて無理だよ!とどっかの偉い人が言っていました(誰だよ)。

TOEICは通過点でしかないので、英語をアウトプットする能力も同時に鍛えようとしているのが良かったんだと思います。

 

TOEIC800点のレベルってこんなもん

こんな感じで、TOEICの勉強もしてない、英語もサボりまくってる私ですが、今回800点を超えることができました。

試験が終わった後、手応えはありましたが、実際取ってみて800点ってこんなもんかという感じです。

リスニングは全くわからない問題もありますし、リーディングは結構自信を持って答えたつもりでも取りこぼしてます。

800点って周りからは「すごい!」と言われますが、実際大したことないです。全く使いこなせないし。

 

800点取るための参考書がたくさん出ているということは、全ての人が狙える点数だという事。

その気になれば取れる点数、その気にならなければ取れない点数。

そもそも800点を目指している人は、英語やその他勉強面にある程度自信がある人だと思います。

そんな「出来る人」が800点で満足してちゃダメでしょ!

自分が日本の英語力を上げてやるんだ!くらいの気持ちで上を目指さないと。

 

TOEICだけの事を考えると、TOEIC専門の勉強をすればもっと伸びるんだと思います。

特に苦手なパート5。文法が少し間違ってても、全く会話が出来ないよりはいいでしょ。

この感じでいくと、900点取っても英語を使える状態には遠いんだろうなーと思っています。

TOEICは英語の基礎を身につけるためのもの。まだまだ通過点だという気持ちで、点数を伸ばしていきたいと思います。

とりあえず来年の4月までに860点かなあ。

日本を背負っているくらいの気持ちで受けてやろうぜ!

 

 

 

 









良いと思ったらツイート・シェアボタンをクリックで広めちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ、名古屋育ち。現在は新潟に住んでます。趣味はゲーム、サッカー、料理など。いつも前向きなところが取り柄。一見真面目そうだけど、ふざけた事も大好きです。