心理学検定を受けてきました!感想など




こんにちは!めれです。

 

8/20 (日) に、心理学検定を受けてきました。

感想や勉強法などを書いていきたいと思います。

 

心理学検定について

心理学検定とは?

心理学検定とは、心理学の基礎を問われる、誰でも受けられる検定試験です。

詳しくは前記事を見て下さい。

心理学検定を受けることにしました!

 

何かの役に立つの?

これを取ったからといって、心理学系の仕事に就けるわけではありません。

心理学の資格を取るには、実務実習が必要だったりしますからね。

しかし、

  • 心理学という分野 (というか仕事) の成長性が高い
  • 心理学の考え方は日常生活にも活かすことが出来る
  • 勉強してないと頭が腐りそう

以上の理由から受けることにしました。

 

心理学検定の内容は?

  • 原理・研究法・歴史
  • 学習・認知・知覚
  • 発達・教育
  • 社会・感情・性格
  • 臨床・障害

以上がA領域 (心理学部生の必修科目)。

  • 神経・生理
  • 統計・測定・評価
  • 産業・組織
  • 健康・福祉
  • 犯罪・非行

以上がB領域 (必修でない科目)。

 

それぞれについて、4択マーク式の問題が20問出題されます。

クリアした領域の数によって、2級、1級、特1級の称号が得られます。

 

ただし、1回の受験で受けられる科目は3, 6, 8科目のみ。

1回の受験では特1級を取ることが出来ないクソ仕様になっています。

検定にお金をいっぱい貢いでね、ということなのでしょう。

 

私は8科目受験で、

  • 産業・組織
  • 犯罪・非行

以外の8つを選ぶことにしました。

仮にも薬学部卒・理系なので、神経・生理や統計の方が馴染みがあるでしょう。

ちなみに統計は一番人気のない科目らしいです。

心理学部って文系なの?理系なの?笑

 

心理学検定の勉強法

それでは、私が実際に行った勉強法を紹介します。

使ったテキストは、公式本たち。

これらをちゃんとやれば、6, 7割は取れるってネットでみたからね。笑

一問一答は試験の1週間前に買うというやる気の無さ。

B領域の一問一答はまあええかなと思い買いませんでした。

 

さて、5月頃に、3ヶ月かけて勉強する計画を立てました。

ええ、計画を立てるのが好きなんですよ。

 

それがあら不思議。気づけばセミがうるさくなっていました。

実質勉強したの、8月入ってから2週間くらいです。笑

どうしてこうなった。

 

試験当日

資格試験って、

「試験会場へは公共交通機関をご利用下さい」

って書くけど、これ東京基準すぎじゃないですか?

田舎は会場駅からクッソ遠いんですよ!

いつも車で行ってます。

 

試験会場は海の近くの学校でした。

新潟にしては暑かったので、海はたいへん賑わっているようでした。

(ギャルの水着を拝みに行きてえ!!)

という気持ちをこらえ、なんの会場案内もない不親切な会場へ。

 

会場についてまず思ったのが、

(かわいい子全然いないやん)

ってことでした。

心理学部ってかわいい子いないのかなー?

カウンセリングされるならかわいい子の方がいいじゃん?

 

お前は一体何をしに来たんだと自分を落ち着かせ、試験に臨みました。

 

心理学検定を受けた感想

難易度的には、自分が使った公式本と一問一答を完ペキにすれば8割くらいは取れると思います。

取れたとは言ってないよ。A領域は6, 7割くらいは出来たかなあ?

きっとどの科目も同じくらいな正答率だと思います。

 

一問一答を使わなかったB領域は、神経・生理はそこそこ出来たと思います。

統計と健康・福祉はダメっぽい気がする。

やっぱり一問一答をやるのがいいみたいですね!

 

全く見たことのない単語も出てきました。

これに関しては、他の解答から消去法で答えるしかないですね。

それと、A領域とB領域って一部被っている所もあるので、

たまにヒントが隠れている事がありました。

 

最後に

結果については9月末ごろわかるので、また報告します。

原理や歴史、研究法が多く、カウンセラーに興味がある人向けではないかもしれません。

しかし、理論だったり一般的な法則について学べたりするので、勉強して損はないと思います。

 

私は全領域制覇して特1級を取るために、来年も受けようと思います。

 

 









良いと思ったらツイート・シェアボタンをクリックで広めちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ、名古屋育ち。現在は新潟に住んでます。趣味はゲーム、サッカー、料理など。いつも前向きなところが取り柄。一見真面目そうだけど、ふざけた事も大好きです。