【生命の神秘】なんか乳毛の様子がおかしい




こんにちは!めれです。

 

突然ですが、みなさんは乳毛を育んでますか?

私は少々嗜む程度でございます。

昨日ふと乳毛を見たとき、僅かな異変を感じたので、今日は乳毛の話をしたいと思います。

ついでに、乳毛についてみなさん一緒に勉強しましょう。

 

嫌らしさのカケラもない清々しい記事なので、どうぞお付き合いください。

 

乳毛とは

まず、乳毛について定義しておきましょう。

人によって乳毛の範囲が違うかもしれませんからね。

私が言う乳毛とは、「乳輪あたりにチョロチョロ生えているやや長太い毛」です。

読みは「ちちげ」です。

他の場所の毛だったり、産毛は乳毛とは呼ばないこととします。

 

さあ、まずはみなさんと乳毛の共有ができたでしょうか。

乳毛は男女関係なく生える人には生えます。

みなさんの乳にはありましたか?

 

なぜ乳毛が生えるのか

では、なぜ乳毛が生えるのでしょうか。

乳毛に関する多くの知見を収集した所、ほとんどの乳毛専門家が同じ事を口にしていました。

(訳:乳毛 なぜ でググったらだいたいこう書いてあった)

それは、「男性ホルモンがパワフルな人ほど乳毛が生えやすい」というものです。

 

それは乳毛が生えやすい理由であって乳毛が生える(必要な)理由ではないのだよ。

ホルモンバランスって言葉が世間受けが良いからそう書いてあるだけでしょー。

ムダ毛処理系のアフィっぽいサイトばっかだし。笑

 

と悪口はほどほどにしておいて、乳毛が生える理由を考えましょう。

一般的に、毛の生えやすい場所というのは守るべき場所です。

そう考えると、乳毛が生えるのも当然な感じがします。

 

しかし、多くの人の乳毛は数本チョロチョロ生えるだけだと思っています。

(満開の人がいたら是非拝ませていただきたい)

そんなチョロ毛で何が守れるというのだろうか。

大切な物を守りたい、それは精神論だけでどうこうできる問題ではない。

 

それに、猿って体毛すごいけど乳毛はないイメージなんですよね。

他の部分はしっかり守るのに、乳はガードが甘い。

 

やっぱり乳毛がなんのためにあるのかは永遠の謎です。

マスコット的なポジションなんですかね?かわいいし。

誰か研究よろしくお願いします。

 

乳毛との向き合い方

乳毛との向き合い方は、大きくわけて3種類になると考えています。

 

1.ある程度育んだのち引っこ抜く

これは私の向き合い方です。

 

なんだかんだ乳毛って、愛すべき存在じゃないですか。

存在を主張してくるくらい(3 cmくらい)になるまでは育みます。

そして、然るべきときに抜きます。

それは、外で乳を見せるときであったり、毛を抜きたい気分のときなど様々です。

 

以外にも、乳毛って抜くときあんまり痛くないじゃないですか。

デリケートな部分に生えているにも関わらずです。

なので、毛を抜くという快感を存分に楽しめると思うのです。

なので、乳毛が生えている人は恵まれてると思って下さい。

 

2.カミソリ等で剃る

これは私は怖くてできません。デリケートな部分ですからね。

誤って乳首を切り落としてしまったらどうするんですか。

あだ名が「妖怪乳首なし」になってしまいます。

もしどうしてもやりたいのであれば、乳首を指で押さえながら剃りましょう。

乳首と指、もちろん乳首の方が大事ですよね。

 

3.育み続ける

賢者クラスになると、乳毛を育み続けるという選択もできます。

乳毛って永遠に伸びるんですかね?

やはり他の毛同様ある程度の長さで止まるのでしょうか。

私の体感では、これ以上伸びない!という長さがあると思っています。

 

 

私の乳毛に起きた現象とは?

さて、引っ張りに引っ張ったメイントークです。

さて、私の乳毛に起きた現象、それは・・・。

 

「普段右乳毛がよく伸びるのに左乳毛が優勢になった

 

です!!!

 

あ、ちょっとまって帰らないで・・・。

私はいたって真面目です。

だって、10年以上右の乳毛が良く伸びていたのに、急に変わったんですよ!

これは何かが起こる前触れかも。

また、乳毛の生え方に遺伝以外の外的要因があるのではないかと疑いが持てます。

 

最近何かあったかと考えても特に何もなし。

1年前に一人暮らしを始めたから、環境か、食事かかなあ。

 

さいごに

乳毛について熱く語らせて頂きました。

ここまで読んだあなたは、立派な乳毛マスターです。

きっと良いことありますよ!

 

というわけで、今日はこれでおしまい。

乳毛の謎をこれからも追い続けていこうと思います。

 

 









良いと思ったらツイート・シェアボタンをクリックで広めちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

函館生まれ、名古屋育ち。現在は新潟に住んでます。趣味はゲーム、サッカー、料理など。いつも前向きなところが取り柄。一見真面目そうだけど、ふざけた事も大好きです。