私のサッカー史:野球マンがサッカー少年になるまで




こんにちは!めれです。

 

みなさん、週末は何をして過ごしていますか?

私は最近DAZNに登録して、サッカーを見る時間が増えています。

DAZNを見てるだけで気づけば夕方!なんてこともあります。

かなりの時間を盗まれていますが、海外サッカーがオフに入るので少し抑えられそうです。

そこで見たプレーをやってやろうと、週末や平日の夜にサッカーやフットサルに望んでいます。

 

こんな感じでサッカー大好きな私ですが、小さい頃はスポーツと言えば野球だと思ってました。

今日は、私がサッカー好きに育ってしまった理由について振り返っていこうかと思います。

 

自己紹介

最初に、サッカー関係の自己紹介を簡単にしておきます。

 

ポジション:GK以外全部 (周りに聞くと、トップ下かボランチっぽいと言われます)

利き足:左

長所:運動量、視野の広さ、左利きっぽいドリブル・パス

短所:ボールを蹴るのが苦手、体が弱いわけじゃないけど軽すぎて物理的に勝てない事がある

モットー:常に楽しく、遊びを持ってプレーする

 

小・中学生の頃

日韓ワールドカップの開催

小学5年生の時ですかね、2002年に日韓ワールドカップが開催されました。

サッカーが好きな友達にパブリックビューイングに拉致され、ルールもわからないまま見ていました。

内容は全く覚えていませんが、面白い!と思ったのは覚えています。

走るのが好きだったし、サッカーのスピード感に魅了されたのかもしれません。

もしここでバスケを見ていたらバスケをしてたのかなあ。笑

 

ウイイレとの出会い

中学2年生の頃かな?Vジャンプの懸賞で「ウイイレ9」が当たりました。

当時私の家庭は、Vジャンプの懸賞にはとりあえず応募していくスタイルでした。

余談ですが、あれ結構当たるんですよ。毎年2,3ソフトは貰っていたと思います。

他にはFF12、モンスターファーム、ドラゴンボール、テイルズとか。

 

そんなわけで偶然にもウイイレと出会い、ジョンカビに魅了されていったのです。

ウイイレで海外の選手に親しみを持ってから、その選手を実際にテレビで見るのって楽しいよね。

 

友達とはパワプロよりウイイレで遊んだ記憶の方が強いなあ。

ちなみに、当時好きだった選手はロッベンです。確か23歳くらい。

左利きのドリブラーは正義。

 

玉田との出会い

いや、実際に出会ったわけじゃないんですけどね。

中学3年生の頃、2006年にドイツワールドカップが開催されました。

その予選で大活躍していた玉田を見て、一目惚れしました。

ドリブルすごいし、点も取れるし、日本にもこんな選手がいるんだと。

本戦のブラジル戦での得点は頭に焼き付いていますよ!

 

そんな玉田が、なんと地元の名古屋グランパスにくるというじゃないですか!

これはもう見に行くしかないと思い、家族で見に行きました。

スタジアムで見たサッカーのスピード感や、ものすごい応援で、ますますサッカーが好きになりました。

玉田のユニフォームは、今でも愛用しています。

 

この頃から、公園に行って一人でボールを蹴ったりドリブルの練習をするようになりました。

壁がお友達です。笑

私も玉田と同じ左利きなので、左足のアウトサイドでのドリブルを鍛えました。

リフティングは嫌いなので、今でも10回くらいしかできません。というかやってて飽きちゃう。

 

高校の頃

サッカー部に入部

1年生

中学の終わり頃、野球はケガで諦めて、サッカーを始める決意をしました。

自主トレ (笑) をし、満を持してサッカー部に入りました。ポジションはFW。

進学校だったので別に強くはなかったですが、周りは経験者ばかり。

顧問からも「高校から始めるのは大変だぞ」と言われてしまいました。

 

しかし、持ち前の運動スキルと左利きという利点を活かし、1年生の試合で得点を稼ぐ。

そしたら最初の公式戦で呼ばれ、途中出場でデビューしちゃいました。

しかし、その試合では大した結果を残せず、1年生の間はそれ以降出場はありませんでした。

その日が初めての雨の中の試合だったので、どうすれば良いかわからなかったこと、

そして初めて右サイドハーフで出て戸惑ったことが原因だったと思うなあ。

 

2年生

2年生になると顧問が代わり、主に左サイドバックで出ることに。

当時はFWにこだわりを持っていたので、不満でした。笑

DFって何すればいいの?と迷いながらやっていたので、あまり良いプレーは出来ませんでした。

守備を意識しすぎてたけど、もっと自由に上がって良かったと思う。スタミナは長友クラスだし。笑

挙句の果てにセンターバックも経験させられ、元々人気の低かった顧問の元を去ることに。

今思うと、ここでDFやってたから、攻撃の時にDFの嫌な所がわかるようになってるんだと思うなあ。

 

大学の頃

大学でもサッカーを続けたいと思い、サッカー部に入りました。

しかし、医学部中心の環境と、体育会系のノリについていけず、3ヶ月くらいで辞めてしまいました。

練習自体はとても楽しかったんですけどね。私大学生に向いてないんです。笑

 

その後、別のサッカーチームに入ります。

そのチームは、練習はなく、社会人リーグで試合するだけという感じです。

そして、やっぱりサッカー上達の近道は試合をすることだなあと思いました。

練習はどこまで行っても練習で、本気でぶつかり合うことはなかった。

試合だと、本気で相手してくれるので、対処法が思いつく。

 

このチームで、私は大きく成長することが出来たと思います。

そして、ますますサッカーが好きになりました

1年間キャプテンもやらせてもらったのも良い経験です。

 

社会人になってから

社会人になってから、たまたま上司がサッカーやっていた事もあり、続けることができています。

だいたい月に2回くらいミニサッカーをやって、2回くらいフットサルをしています。

環境がかわって、上手い人もたくさんいて、その中で出来るのが幸せです。

 

最近は狭いコートでやる機会が増え、個人技が上手くなってきているなあと思います。

自分より上手い人とやった方が、技術盗めたりするし成長できると思ってます。

サッカーを始めて10年たって、プレーに余裕ができてきたのを実感しています。

 

さいごに

記事を書いていて、自分がどれだけサッカーが好きなのかを再認識しました。

これだけ世界中に浸透していて、ボールさえあればできるスポーツって他にないですよね。

どんな環境にいっても、サッカーさえあればコミュニケーションが取れると思っています。笑

 

もうすぐ26歳ですが、少年のように走り回ってます。

大学の頃は、試合でどろんこになって、よく彼女に呆れられてました。

これからも生涯、サッカーを続けていきたいと思っています!

 










良いと思ったらツイート・シェアボタンをクリックで広めちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です